イラストレーター みしまゆかりの絵日記帳

日々の創作活動をご紹介します。

たまにはスキャナよりも大きな絵を描いてみる

今日から2月って本当ですかーー!?1月早かったですね。まばたき1回くらいでしたね( ;∀;)。

 

1月に頑張ったのはこれ↓。石見~芸北エリアの神楽の中でも多分最も有名な演目、『八岐大蛇』を描きました。大変だった~~!!丸三日かかりました。

神楽の絵は2~3年前から時々描いていますが、『八岐大蛇』はいつか描かなきゃと思いながらも先延ばしにしていた演目でした。なぜなら描くのが大変すぎるから(笑)。

とは言え今年の5月下旬には神保町で作品を展示する予定があるので、描ける時に描いておかねば!と思い、まとまった時間をとって取り組みました。

 サイズはF10号(530×455mm)で、私にしてはかなり大きな作品です。

f:id:YukariMishima:20200201113156j:plain

こういうサイズの絵を自主的に描く機会は、昨年まではあまり多くありませんでした。というのも、イラストの仕事はほとんどがデータ納品ですし、オリジナル作品もまずはネットで公開するので、つい「スキャン一回でデータ化できるサイズが楽だ」と考えてしまうのです。(ちなみに私が使っているスキャナの対応サイズはA3までです。)

ここ2~3年はSNSの更新頻度を上げるために小さな作品ばかり量産しがちだったのですが、たまには時間のかかる大作に取り組んで自分に負荷をかけねば!と昨年の後半あたりから意識するようになりました。きっかけは「東京装画賞」の受賞作品を見たことだったと思います。素晴らしい作品の数々に打ちのめされてしまいまして……(と言っても私は応募すらしていなかったのですが(^^;))。口では「いつか装画の仕事がしたい」と言いつつ、全然そういう実践的なトレーニングをしていない自分が情けなくなり、月に1枚はじっくり時間をかけて作品を作ろうと思った次第です。

昨年の12月に描いたこれらの習作↓はその辺を意識していました。どちらも「もし私が○○の表紙を描くなら」という想定の下で制作したものです。

f:id:YukariMishima:20200201215618j:plain

f:id:YukariMishima:20200201215825j:plain

時間の確保が課題ですが……(^^;)、今後もこういう自主練は続けようと思います。

 

なお、スキャナよりも大きなサイズの絵をどうやってデータ化するのか?という質問をされることがあるのですが、これはPhotoshopのPhotomerge機能を使えば簡単にできます。既にご存じの方も多いとは思いますが、もしその辺悩まれてる方がいたら以下を参考にしていただければと思います。 

1. まず、データ化したい絵を数回に分けてスキャンし、PC内に保存します。(今回はデスクトップに保存しました)

f:id:YukariMishima:20200201113644j:plain

 

2.Photoshopを立ち上げ、[ファイル]→[自動処理]→[Photomerge]を選択します。

f:id:YukariMishima:20200201113653j:plain

 

3. Photomergeのボックスが開いたら、[参照]をクリック。先ほどデスクトップに保存した複数の画像を選択して[OK]を押します。

f:id:YukariMishima:20200201113700j:plain f:id:YukariMishima:20200201113709j:plain

 

4. ソースファイルの欄に3.で選択した画像のファイル名が表示されていることを確認し、[OK]をクリック。

f:id:YukariMishima:20200201113727j:plain

 

5. 数秒~十数秒くらいでPhotoshopがつなぎ目をきれいに処理して一枚の画像にしてくれます。

f:id:YukariMishima:20200201113740j:plain


Photoshopってすごいですね~~
私はこの機能を知る前は、自分でどうにかつなぎ目をなじませようと四苦八苦していたものでした…。

 

ご参考になれば幸いです。