イラストレーター みしまゆかりの絵日記帳

日々の創作活動をご紹介します。

ポートフォリオの迷宮

クリエイティブ業界における「ポートフォリオ」とは、自分の実績や作風をアピールするための作品集のことです。出版社や広告代理店などに営業をする際に必要不可欠なアイテムなので、イラストレーターは皆ポートフォリオづくりには力を注ぎます。

しかし私はこのポートフォリオづくりがどうにも苦手でなりません。どの作品を入れるべきか、何枚くらい入れるべきかを考え始めると、ぐるぐると考えがまとまらず、ものすごく疲れてしまうのです。

 

同じ人間が描く絵でも、画材やモチーフを変えるだけで結構印象が変わります。絵柄までガラリと変えて、全く別人のような作品を作る人もいます。そのように複数の画風を使い分けるイラストレーターは多いのですが、営業先でポートフォリオを見せると「異なる雰囲気の作品を沢山入れると印象が薄くなるので、ある程度統一した方が良い」と言われることがよくあります。

一方で、「色んなサンプルが入っている方が、その人がどの程度柔軟に対応できるのか分かるので助かる」と言われたこともあります。

絵の統一感を重視するか、バリエーションを重視するかでポートフォリオの内容が全く違ってくるので、いつもすごく迷ってしまうのです。

ちなみに私は、自分の画風は全部ポートフォリオに入れてアピールしたい派です。水彩も3Dアートも漫画も、仕事として依頼が来るなら全部やりたいのですが…。

f:id:YukariMishima:20190706223021j:plain

まあ会社や人によって意見が違うということは、結局この先輩↓の言うことが一番正しいのかも。
f:id:YukariMishima:20190706223040j:plain

重要なのはどの会社が統一感を求めていて、どの会社がバリエーションを求めているかを見極めることなのかな、と最近思います。

 

出版社の装丁部のように、扱うイラストの用途が装画(表紙の絵)に限定されている場合には、少なくともカットイラストや漫画作品などはポートフォリオから削除して良いのかも?しれませんね。

一方、広告代理店や制作会社のようにイラストの用途が多岐にわたる場合には、絵のバリエーションが多いと重宝してもらえるのかも……。(都会はわかりませんが、地方ではイラストレーター人口が少ないので「何でも描ける」のは強みだと聞いたことがあります)

 

 で、私も今日久々にポートフォリオを更新したのですが、結局どうしても画風を絞り込むことができず、アレコレ盛り込んでしまいました(^^;)。おそらく賛否両論あると思いますが…。大きく分けて水彩と3Dアート、線画、漫画の4本立てという感じです。

広告代理店、デザイン事務所、制作会社などにお勤めの皆さま、よかったら以下からダウンロードして作品をご覧いただければ幸いです。できれば外注先候補に加えてやってください!

※20MB以上あるので携帯ではなくパソコンでご覧頂ければと思います💦💦

Yukari MISHIMA Illustrations_20190706_Web.pdf

 

来週から営業がんばります。