イラストレーター みしまゆかりの絵日記帳

日々の創作活動をご紹介します。

大矢純子さんの連載小説『ハロー、マイフレンズ』の挿絵のお仕事

2019年4月1日から朝日小学生新聞で連載されている、大矢純子さんの児童小説『ハロー、マイフレンズ』の挿絵を担当しております。

この小説は、2017年10~12月に同新聞で連載された『グランパと僕らの宝探し~ドゥリンビルの仲間たち』の続編です。今作からでも十分楽しめますが、前作を読んでおくとより深く楽しめると思います。単行本も販売されていますので、未読の方はぜひ ♪

(前作の単行本情報→) https://www.amazon.co.jp/dp/4909064338/ref=cm_sw_r_tw_awdb_c_x_rZ3JCbXY78DB7

 

連載が始まってから約1か月が経ちましたが、物語はこれから徐々に盛り上がります。私のSNSでもその日に掲載されたお話の挿絵を毎日紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね(^^)。

お父さんの転勤でオーストラリアで暮らすことになった男の子の物語です。

(2019年4月1~29日掲載分の挿画↓)

f:id:YukariMishima:20190428111702j:plainf:id:YukariMishima:20190428132342j:plainf:id:YukariMishima:20190428132442j:plainf:id:YukariMishima:20190428132535j:plainf:id:YukariMishima:20190428133950j:plainf:id:YukariMishima:20190428134037j:plainf:id:YukariMishima:20190428134103j:plainf:id:YukariMishima:20190428134134j:plainf:id:YukariMishima:20190428150722j:plainf:id:YukariMishima:20190428150831j:plainf:id:YukariMishima:20190428150955j:plainf:id:YukariMishima:20190428151038j:plainf:id:YukariMishima:20190428151208j:plainf:id:YukariMishima:20190428151244j:plainf:id:YukariMishima:20190428151319j:plainf:id:YukariMishima:20190428151355j:plainf:id:YukariMishima:20190428151644j:plainf:id:YukariMishima:20190428151724j:plainf:id:YukariMishima:20190428151759j:plainf:id:YukariMishima:20190428151843j:plainf:id:YukariMishima:20190428151952j:plainf:id:YukariMishima:20190428152026j:plainf:id:YukariMishima:20190428152105j:plainf:id:YukariMishima:20190428152152j:plainf:id:YukariMishima:20190428152227j:plainf:id:YukariMishima:20190428152304j:plainf:id:YukariMishima:20190428152339j:plainf:id:YukariMishima:20190428152407j:plain

大矢純子さんとのお仕事はこれが2回目なのですが、実に楽しい!

私は元々ストーリー性のある絵を描くのが好きなのですが、とりわけ大矢さんのお話に関しては自分でも「私以上の適任者はいない!」と信じて作画に取り組んでいます。

というのも、私も過去に外国暮らし(中国でしたが)を経験してますし、イラストレーターを始める前は外国語を使う仕事を長年続けていましたので、『ハロー、マイフレンズ』の中で語られる様々なエピソードは、自分の実体験として強く共感できるものが多いのです。オーストラリアへ行ったことはないものの、自分のリアルな体験を絵に反映しながら、説得力のある画面を作りたいと思っています。

 

連載小説のお仕事では、毎日SNSに絵をアップできるのも大きな励みになっています。挿絵に対する自己評価と「イイネ」の数が比例しなかったり、同じ絵でもSNSの種類によって反応に差があったりことも多く、そういう分析も楽しもうと思います。

ちなみに、「イイネ」は多くなかったけど自分では気に入っている一枚がこれ↓。

f:id:YukariMishima:20190428150722j:plain

メルボルン空港の入国審査のおじさんです。

私自身の話ですが、入国審査の時って別に悪い事してなくてもちょっと緊張しちゃうんですよ…。パスポートにハンコ押す時も、たたきつけるように「バンッ!」と強めに押す人が多くて(多分そうしないとインクがきれいにつかないのかも)、私は毎回ビクビクするんですが、そんな時ニコッと笑ってくれる職員さんがいるとホッとしたりもします。なので、このお話では1回しか出てこない、名前も分からないおじさんですが、主人公目線ではこんな風に見えたかな?と想像しながらアップで描いてみました。入国して初めて会うオーストラリア人ですしね。

 

新聞掲載時の挿絵サイズは100x83mmですが、いずれ単行本が発行されたらB6 (182x128mm) 近くまで引き延ばされる可能性もあるので、拡大しても画像が粗くならないよう、原画は割と大きめの紙に描いています。なので結構細かいところも描きこんでたりします。日替わりなので、読者が飽きないよう「引き」の絵と「寄り」の絵をできるだけ交互に入れたりして、画面に変化が出るよう意識しています。

課題は沢山ありますが、私も色んなことを勉強させてもらいながら、大矢さんと一緒に残り2カ月の連載期間を走り抜けようと思います。