イラストレーター みしまゆかりの絵日記帳

日々の創作活動をご紹介します。

【2019年の抱負 2】ストックフォトに取り組みたい

(前回の記事の続き)

2019年の抱負の2つ目は、ストックフォト(ストックイラスト)に取り組むことです。

 

ストックフォトとは、クリエイターが提供する写真やイラストなどの素材を、使用料を支払うことでダウンロードして利用できるサービスで、代表的なものにPIXTAAdobe Stockなどがあります。

ダウンロード数が増えれば収入源の一つになり、作品を見てもらう機会が増えることで新規顧客開拓につながる可能性もあるため、近年ストックフォトに力を入れるクリエイターが増えているそうです。私も随分前から興味を持ち、主要なストックフォトサービスにアカウントだけは作っていました。

しかし、アカウントを作ったものの、ノウハウがないため二の足を踏んでいるうちに時間ばかりが経ってしまい、結局まだ1枚もイラストをアップしておりません(^^;)。

 

そこで先日、同じ広島在住のイラストレーターで、ストックフォト業界でも活躍されているよぴんこさんに講師役をお願いして、ストックフォトの勉強会を開催しました。

(勉強会の概要はよぴんこさんがブログ記事にまとめてくださいました↓)

広島近郊のイラストレーターさんに向けて「ストックフォト勉強会」を行いました – かわいいイラスト制作所 イラストレーターよぴんこ

 

勉強会でよぴんこさんにストックフォトの色々な利点や注意点、ノウハウなどを教わって俄然やる気が出てきたので、現在放置しているPIXTAAdobe Stockのアカウントを来年こそは稼働させようと思っています。フリーのイラストレーターはとにかく収入が不安定なので、クライアントから依頼されて描く「本業」以外に副収入があると精神衛生上良いのです。

以下は、以前Twitterに載せたイラストレーターの収入イメージグラフです。

 

上のツイートで言及した週3のアルバイトも今年度いっぱいで辞め、4月以降は絵の仕事に専念する予定なので、なおさらストックフォトに注力する必要性を感じている今日この頃です。

 

では、どんなイラストを登録していくべきか?

当初は、仕事以外で描いたオリジナルのイラストを片っ端から登録しようと思っていたのですが、よぴんこさんの講座を受けた後で、ちゃんと戦略を練ろうと考えを改めました。

普段私が描いているのは、こんな感じ↓ の水彩画で、ストーリー性のあるものが多いです。こういう絵は、シチュエーションが限定されるので使い勝手が良くなく、ストックフォトには向かないだろうな、という想像ができます。

f:id:YukariMishima:20181126213521j:plain

また、もう一つ懸念しているのが、作者にとって不本意な加工をされる可能性もあるということ。ダウンロードした画像がどんな風に加工されても、クリエイター側は基本的に文句を言わないことが規約に定められていることが多い。

ストックフォトの利便性を確保するためには必要な規約だとは思うのですが……

極端に言うと、こんな風に縦横比を変えられたり→f:id:YukariMishima:20181223234448j:plain

こんな風に変なトリミングの仕方をされたり→f:id:YukariMishima:20181223234515j:plain

する可能性もゼロではない。

(ここまで極端なことをする人はいないと思いたいですが、実際過去に信じがたいほどダサく加工されたことがあります。)

 

そのため、オリジナル作品を片っ端からアップするのではなく、まずは

・素材として使いやすい、背景のないもの

・多少改変されてもまあいいか、と自分で納得できるもの

を選ぶことにしました。それを基準に既存の作品から使えそうなものを探したところ、水彩で描いた動植物がそこそこの数見つかりました。以下はその内の一部。

f:id:YukariMishima:20181223151556j:plainf:id:YukariMishima:20181223151624j:plain

f:id:YukariMishima:20181223151706j:plainf:id:YukariMishima:20181223151732j:plain

f:id:YukariMishima:20181223151946j:plainf:id:YukariMishima:20181223152204j:plain

 

 習作のスケッチや、コンペ用に描いたけど落選したヤツ、祖母が亡くなった時に喪中ハガキ用に描いた花など、一度描いたきり押し入れに眠らせていたものが少なからずあるので、まずはそれを再利用するところから始めようと思います。

眠っていた絵が資源になる、というのはちょっと嬉しいですね(^^)