イラストレーター みしまゆかりの絵日記帳

日々の創作活動をご紹介します。

【2019年の抱負 1】ストーリー漫画の「照れ」を克服したい

信じたくありませんが、2018 年も残り10日となりました…。

今年中にすべきことは山積みですが、ぼちぼち今年1年を振り返り、来年の抱負などを考えてみようと思います。

 

【2018年の総括】

ちょうど1年前の今頃、

「自分の本の企画書を作り、出版社へ持ち込みたい」

という新年の抱負をこのブログに書きました。(詳細は以下のリンクを参照)

2018年の抱負 (1)

2018年の抱負 (2)

考えていた企画は2つありましたが、その内の1つ、「3Dトリックアートの塗り絵本」については、幸運なことに記事を読んでくださった編プロから書籍化のお誘いを頂き、この8月に出版に至りました↓。

もう一つ考えていた「語学エッセイ漫画」の方は、この1年間全く新作を描かないという、有言不実行な結果になりました。ブログ開設当初に「細く長く続けたい」とか書いてたのを読むとちゃんちゃらおかしいですね(^^;)。

別に描くのが嫌になった訳ではなく、あれもやりたい、これもやりたいと他のことによそ見をしていたら1年経っていた、という感じです。私の性格なので今後もよそ見は多いと思いますが、突然また描き始めるかもしれません。

 

その代わり、というのも変ですが、広告漫画やルポ漫画のお仕事はパラパラと入るようになりました。昨年からエッセイ漫画をSNSに載せていたおかげで「ふーん、みしまさん漫画も描けるんだ。じゃあ…」とご依頼くださる方が増えたようです。ありがたや……。

f:id:YukariMishima:20181220205340j:plainアトリエぱお こどもクラス紹介漫画

 

【2019年の抱負】

で、2019年の抱負はどうしようかなー と思いながら先日部屋の掃除をしていたところ、押し入れの中から恐ろしいものを発見しました。大昔、雑誌に投稿した漫画の原稿とかネームです。(その頃はエッセイ漫画ではなく、ストーリー漫画を描いていました。)人に見られたら羞恥のあまり失踪したくなる代物なので、恐る恐る中身を確認しながらシュレッダーにかけて半分くらい処分しました。

雑誌に投稿して一応「惜しかったで賞」的な賞をもらえた作品などは自分の記念に残しましたが、それでも人には絶対見せられん……と厳重に封印して押し入れの奥に押し込みました。ヤな汗かいた……。

でも、描いた漫画をこんな風に恥ずかしがって、絶対人に見せようとしないから絶対漫画家になれないんだよな、という当たり前のことを今更しみじみ思ったりもしました。中学生ぐらいから30歳近くなるまで、かなり長い間、漫画家になりたいと思い続けていたのに、結局その熱がおさまるまで「照れ」を克服することができなかったのです。

 

最近描いてるエッセイ漫画やルポ漫画、広告漫画だったら全然そういう照れを感じないんですけどね。その手の漫画って基本的にノンフィクションで、実際の出来事や自分の感想、お客さんから指示されたシナリオを描き起こす作業なので、ストーリー漫画と比べると、自分の内面を赤裸々にさらけ出す感覚が薄いのだと思います。

でもストーリー漫画は自分の頭の中の妄想を組み立てて形にする作業なので、自分の内面のすごく深い部分を見せないといけないし、「創作」の力量もより問われるような気がします。話に無理があったり、登場人物がクサイ台詞を吐いてたりするのを、人に見せる時の恥ずかしさはエッセイ漫画の比ではありません。(あくまで私個人の感想ですが。) 

 

しかし本音を言うと、ストーリー漫画を描きたいという気持ちは今でも根強くあります。商業誌に載せたいとまでは思いませんが、幸い今はSNSで作品を発表できるので、昔と違って人に見てもらう機会はいくらでも作れるんですよね……。

そんなこんなで、「短編のストーリー漫画を最後まで描き切ってネットにアップする」ことを2019年の抱負の一つにすることにしました!漫画の「照れ」を克服できたら、イラストの方でも何か一皮向けた表現が出来るかもしれない、とも思うのです。私のイラスト、いつも「大人しい」とか「マジメ」とか言われがちなので……。

20年以上抱えている「照れ」を克服することができるのか???というのは自分でも半信半疑ですが、その前にまずは漫画を描き切るのが肝要ですね。「年内に1~2本完成させる」とかいうボヤっとした目標を立てると絶対実行しなさそうなので、1月に各種設定、2月にプロット、3月にネーム、4月に下書き、5月にペン入れ……みたいな短期目標を立ててコツコツ進めようと思います。

がんばろ。

f:id:YukariMishima:20181220232331j:plain

iPadで描いたコミック風イラスト