イラストレーター みしまゆかりの絵日記帳

日々の創作活動をご紹介します。

初めて災害ボランティアに参加して考えたこと

この度の西日本豪雨災害で被災された皆様にお見舞い申し上げます。
私の家は特に被害はありませんでしたが、親戚や友人は少なからず生活に影響を受けています。

先週被災地でボランティアの受け入れが始まり、私も生まれて初めて災害ボランティアに参加しました。参加する前は「大して体力のない私が行っても足手まといになるのでは……」と不安もありましたが、フリーランスで独身という、時間の融通がきく立場であることにも背中を押された気がします。現地に行ってみたら80歳越えのおばあちゃんが手押し車に土砂を乗せて山道を何往復もしていて、女性だろうが男性だろうが人手は多いに超したことないんだな、と思いました。

実は、慣れない炎天下での力仕事で、私は午後から急にバテてしまい、他の皆さんの半分くらいしか働けず申し訳なかったです。とは言え午前中は割と普通に動けたので、次からは午前中だけ参加しようと思っています。
個人的には、殺人的な暑さになる12~15時は作業中断して、夕方から再開した方が良いのではないかと思うのですが、それはそれで拘束時間が長くなるという問題があるのかもしれませんね。

(以前留学していた中国では、夏の一番暑い時間帯はかなり長い休憩をとったり昼寝をしたりと、体力を温存するための生活習慣が根付いていて、とても合理的だと思いました。)

 


ちなみに、「こんなアプリがあれば、募集と応募ののマッチングがうまくいくのでは」と思ったので、アイデアを描きだしてみました。「ボランティアに行こう!」と思った時に、まずどの地域でどれだけの人員や資材が必要なのか、どこを見れば詳細が分かるのか、調べるのが案外大変だったので……。
報道の少ない地域にはボランティアが集まりにくいとも聞くので、そういう問題もこういうツールを活用して改善できないものかなぁと思ったのです。

イデアを描きだしてみたものの、誰に対してどうプレゼンしたらよいのか分かりませんが(^^;)。

f:id:YukariMishima:20180717160058j:plain

長い支援が必要になりそうです。今後も時間が許す時に参加しようと思います。

f:id:YukariMishima:20180717160121j:plain