イラストレーター みしまゆかりの絵日記帳

日々の創作活動をご紹介します。

語学エッセイ漫画 『日本人の中国語学習傾向』(個人の見解です)

語学エッセイ漫画第6弾。

日本人の中国語学習傾向について、自分なりの分析をツラツラ書いてみました。

あくまで「傾向」の話で、しかも個人の見解ですので、「自分には当てはまらない!」という人がいても怒らないでくださいね。(ビビリ)

f:id:YukariMishima:20171217111846j:plain

f:id:YukariMishima:20171217111905j:plain

ホント、中国語って勉強してみると面白いですよ。

興味のある方はぜひ勉強しましょうよ~~

 

……という話をするとですね、たまに「中国が大好きなんだね」と言われることがあるのですが、別にそういう訳ではありません。じゃあ嫌いかというと、それにも単純なYesやNoでは答えられません。

だって「中国」って言い方、範囲広すぎますから。中国人にも色んな人がいるし、仲の良い大事な友達もいれば、大っ嫌いな人もいました。
中華料理は美味しいけど、本場の四川料理は私には辛すぎて食べられないし、中国の歴史や文化だって個人的に興味の持てるものと持てないものがありました。ただの好みの問題です。
政治なんかの話に至ってはゴニョゴニョゴニョ……って感じです。

自分の母国である日本ですら、好きなとこと嫌いなとこありますから。

 

ちなみに私の大学の恩師は、「僕の若い頃なんか、中国語勉強してるだけで『あなたは共産主義者なのか』って言われることもあった」と言ってました(^^;)。その先生は自称「右寄り」なんだそうですが。

 

個人的な印象ですが、語学が好きな人って「外国語を生かして何かをしたい」という目的があって勉強してる人ばかりじゃなく、「語学自体が楽しいから勉強してる」人がかなりの割合で存在する気がします。学習言語と本人の思想信条にはまったく関連がありません。この場合、語学学習自体が趣味であり目的なので、外国語を使ってアレをしたい、という他の目的がない人もいます。かく言う私もそれに近いタイプです。

じゃあなんでたくさんある外国語の中から中国語を選んだの?というのも聞かれることが多いので、いずれその辺のことも漫画に描いてみようかな、と思います。