イラストレーター みしまゆかりの絵日記帳

日々の創作活動をご紹介します。

語学エッセイ漫画 『英語を使う人、断固使わない人』

語学エッセイ漫画の第2弾。

サラリーマン時代に言いたくてもあまり言えなかったことを吐き出してみました。

(元同僚から「在職中も結構好き勝手言ってたじゃねーか」と言われそうな気もしますが……(^^;))

f:id:YukariMishima:20171125213447j:plain

f:id:YukariMishima:20171125213513j:plain

f:id:YukariMishima:20171125213534j:plain

f:id:YukariMishima:20171125213557j:plain

語学を使う仕事にも、様々な業種や職種があります。

私の場合、最初に就職したのは翻訳会社で、次に某自動車メーカーで派遣社員をし、その次に就職したのは大学の事務でした。いずれの職場でも外国語を使う機会はありましたが、使う目的がそれぞれ異なり、一緒に働く人たちのモチベーションや語学スキル、考え方なども様々でした。

例えばこんな感じです ↓

 

翻訳会社の場合

  • Aさん……正社員、翻訳・校正担当。TOEIC 990点。
    元々英語が好きで、いずれフリーランスの翻訳者として独立するのが目標。読み書きの方が得意だが、通訳もできないわけではない。
  • Bさん……正社員、営業担当。TOEIC 730点。
    翻訳業務をすることはあまりないが、納品前の最終チェックをするので、基本的な語学力はある。
  • Cさん……登録スタッフ。TOEIC 990点。
    数少ない同時通訳スキルの持ち主。明るくハキハキした性格で、大きな会議通訳でも物怖じしないので頼りになる。が、翻訳をさせると妙に雑で、誤訳や誤字脱字が多く、用語の統一もされていないため読みにくい。校正者泣かせ。
  • Dさん……登録スタッフ。TOEIC 990点。
    産業翻訳や特許翻訳など、専門的な内容の翻訳にも対応可能。作業スピードは速くないが、ほぼ完璧な文章が上がってくるので修正が少ない。
    が、極端な口下手で、通訳どころか日本語の会話もたどたどしく、電話をしてもめったに出てくれない。メールの返信は超早い。

自動車メーカーの場合

  • Eさん……正社員、某国への輸出取引を担当。TOEIC 550点。
    英語の勉強は好きじゃないが、業務で使わざるを得ないので腹をくくって使っている間にいつの間にか喋れるようになった。TOEICの点は低いが、800点以上の人より流暢に喋る。
  • Fさん……正社員、某国でのマーケティング担当。TOEIC 500 → 810点。
    Eさんと同じく、必要に迫られて英語を勉強し、業務をこなせるように。Eさんほど流暢には話せない。
  • Gさん……派遣社員、中国語の通訳・翻訳担当。
    会議通訳から専門性の高い翻訳までバランス良くこなせる。
  • Mさん(てか私)……派遣社員、中国語及び英語の翻訳を担当。
    派遣契約時点で通訳スキルがなく、「そのうち通訳もできるよう努力するので成長するのを待ってください」と正直に話して採用してもらった。……が、2年経っても結局通訳はできないまま、リーマンショックが起きて派遣期間が終了。最後まで肩身狭かったです……。

大学職員の場合

  • Hさん……国際系部署の正規職員。TOEIC600→830点。
    業務上の必要に迫られて猛勉強し、メールや電話でのやりとりは不自由なくできるように。ただし、複雑な会議通訳などはできない。
  • Iさん……国際系部署のアルバイト、アメリカ人留学生。日本語検定1級。
    通訳は問題ないが、翻訳は下手。日本語はペラペラなのに、母国語である英語の文章力がない。翻訳者というよりはネイティブチェッカーとして活躍。
  • Jさん……国際系部署の正規職員。TOEIC 不明(多分受けていない)
    英語のメールを読んで理解することはできる。届いたメールにはちゃんと自分で目を通し、返信は部下に指示して翻訳してもらう。
  • Kさん……「国際」がつかない部署の正規職員。TOEIC 600点。
    自部署の担当事項の内、留学生や外国人研究者に伝達しなければいけない必要最低限の情報のみ部分的に英訳する。ネットで例文を検索し、コピペできるところはコピペ。
  • Lさん……「国際」がつかない部署の正規職員。TOEIC 不明(受けてない)。
    英語を使う、という時点でそれは自分の仕事ではない思っている。業務内容の如何にかかわらず、国際系部署に丸投げしたい。

 

こうして思い返すと、高い語学力を持っている人でも苦手な分野はあって、足りないところを周りの人と補い合いながら業務を回しているケースがほとんどだなぁと改めて思います。

最後のLさんのように「英語は断固拒否!!」という頑なな姿勢でなければ、工夫と助け合いでどうにかできると個人的には思うのですが、組織で働いているとLさんタイプも結構いるなぁと思いました(^^;)。その場合、業務が回るか否かよりも、職員間に分断が起きるのが何よりの問題のように思います。非常~~~に険悪なムードになってしまうので……。