イラストレーター みしまゆかりの絵日記帳

日々の創作活動をご紹介します。

語学エッセイ漫画 『敬語についてのあれこれ』

プロフィールにも書いておりますが、私には美術系の学歴がなく、大学では中国語を専攻しておりました。卒業後は翻訳会社で翻訳・校正をしたり、大学の国際系部署で事務職員をしたりと、なんだかんだ語学を使う仕事を約10年続けました。

色々あって現在はイラストレーターをしておりますが、過去の経歴やスキルを今の仕事にどうにか絡められないかな~~ と考え、今年の秋くらいから描き始めたのが、以下の語学エッセイ漫画シリーズです。

第1弾のテーマは、『敬語についてのあれこれ』。Twitterにアップしたところ、色んな人から「共感する」とコメントをいただけてとても嬉しかったのでした。

f:id:YukariMishima:20171120221352j:plain

f:id:YukariMishima:20171120221440j:plain

f:id:YukariMishima:20171120221543j:plain

f:id:YukariMishima:20171120221636j:plain

Twitterで「いいね」を100以上もらえたのはこれが初めてだったので、軽く小躍りして喜びました(笑)。

私の周りでも、「頭では正しくないとわかっていても、世間で定着し始めている誤用表現が思わず口をついて出てしまうことがある」という人は多いです。そのうち誤用表現の方が多数派になって、正しい表現として認知される日も来るかもしれませんね。

 

ところで、この漫画を描いたことで改めて思ったこと。漫画を描くのは楽しい。

小学校から高校くらいまで、ストーリー漫画家になりたいと思っていたのですが、どうしても「照れ」を捨てきれず、描いたモノを人に見せることができませんでした。誰にも見せられない漫画を1人でコソコソ描いては、机の引き出しに封印していたものです。

が、今回描いたようなノンフィクション系のエッセイ漫画であれば、あまり照れを感じなくなってきまして。

そして、サラリーマン時代に言いたくてもなかなか言えなかったことを、フリーになった今であれば気兼ねなく漫画の中に放出できるんだ!と思うと、これは今後も描き続けてシリーズ化すべきだと自分の中で勝手に結論づけました(笑)。

そんなわけで、語学エッセイ漫画、今後も続きます。11月下旬の現時点で、Twitter上では第6弾まで公開しているので、このブログでもまずそれをアップして、Twitterに書ききれなかった在職中のエピソードなどを加筆していきたいな、と思っています。

お付き合いいただければ幸いです♪