イラストレーター みしまゆかりの絵日記帳

日々の創作活動をご紹介します。

「日常動作」シリーズ 2枚目

今年のテーマ「日常動作」シリーズの2枚目を描きました。

コーヒーを入れる眠そうなオジサンです。

f:id:YukariMishima:20180118110834j:plain

前回の記事で、「日常動作というテーマなら、背景のない小作品を描きやすい (手を抜こうと思えば抜ける)」…みたいなことを書きましたが、最近ビミョーに多忙なので、早速手抜きをし始めました(^^;)。

でも、限られた時間で小さな絵をササッと描くトレーニングは、案外良い効果があるかもしれません。私の絵のタッチは「描きこみすぎて絵が重い」と言われることも多いので、描く時間を制限することで無駄な描きこみを防げるようになれたら良いなと思います。

画家じゃなくてイラストレーターなので、絵の「軽やかさ」は大事ですよね、多分。

頑張るじょ。

 

 

さて、話題は全然変わりますが、1/21に広島市内でイラストレーターや漫画家の交流会を開催します。編集者やデザイナーの方も大歓迎です!

詳細は以下イベントページから↓

https://www.facebook.com/events/544294175931125/

facebookユーザーは参加ボタン、それ以外の方はメールなどでご連絡くださいませ(^^)♪

f:id:YukariMishima:20180108222141j:plain

普段ひきこもって仕事をすることが多いので、この機会に交流の輪を広げたいと思います。楽しみだ♪

今年描く絵のテーマ

2017年の総括 (3)にも書きましたが、昨年はダンスやスポーツをテーマにイラストを沢山描き、結果的にシリーズ作品になりました。

昔は特にテーマを決めずに描いていたのですが、昨年自分でテーマを設定したら、「次はこれを描こう」というアイディアを出しやすくなって創作のペースが上がったので、今年も同様に自分にお題を課そうと思います。

 

で、検討した結果、今年は「日常的な動き」シリーズを描くことにしました。ダンスやスポーツのような派手さや激しさはないですが、結構難しいポーズも多いので描画スキルのトレーニングには適しているのではと。また、このテーマなら、背景のない小作品も、がっつり背景や小物を入れ込んだ大作も描けるので、その時の仕事状況に合わせて作業量も調整しやすいかな~とも思います。

f:id:YukariMishima:20180111215836j:plain

※「日常的な動き」シリーズの1作目。制服のジャケットを羽織る女子高生。左は透明水彩で、右は筆ペンで描いたもの。

 

オリジナル作品は、仕事が忙しい時にはどうしても後回しにせざるを得ないのですが、コンスタントに作品をSNSなどで発表することは大事な営業活動でもあるので、忙しくても定期的に新作を出すのが理想的だと思っています。そのため、作業量を調整しやすい(手を抜こうと思えば抜ける)のがいいな、というのもこのテーマを選んだ大きな動機の一つです(^^;)。こういう態度だと一部の人にはけしからんと言われそうですが……。

 

一応、私の中の優先順位は

(1)自分の健康

(2)仕事

(3)オリジナル作品

なので、睡眠時間を削らなければいけないほど仕事が多い時期は、無理してオリジナルを描かない、というのを自分ルールにしています。私は睡眠時間を削るとすぐに体調をくずすので、仕事に悪影響を出さないように、と思っています。

……と言いつつ、今の仕事でそこまで忙しくなることはめったにないのが若干寂しくもありますが(^^;)。


「仕事が忙しすぎてオリジナルを描く時間が無いわ~~!」とちょっと言ってみたい気も。本当にそういう状況になったら多分イライラするとは思うけど。

2018年の抱負 (2)

今週のお題「2018年の抱負」の続きです。

 

今年の抱負は「自分の本の企画書を作り、出版社へ持ち込む」こと。現時点で候補として考えている二つの企画の内、一つについては前回の記事で言及しました。

 

もう一つ、企画としてまとめたいと思っているのは、このブログの開設当初からちょいちょいアップしている語学エッセイ漫画です。

私は今イラストレーターをしておりますが、大学では中国語を専攻し、1年だけですが中国への語学留学経験もあります。大学卒業後、最初に就職したのは翻訳会社で、次に某自動車メーカーで派遣社員をし、その次に就職したのは大学の事務でした。いずれの職場でも語学が必要だったので、私なりに一生懸命勉強したつもりです。

どうしてもイラストの仕事がしたくて35歳で今の仕事を始めましたが、語学は好きで長年勉強してきたので、当時の頑張りを無駄にはしたくないなぁと思っていました。また、美大やデザイン学校を出ていないことが、イラストレーターをする上ではちょっとコンプレックスだったのですが、異業種での勤務経験を逆に自分の持ち味にすれば、同業者との差別化が図れるかもしれないとも考えるようになりました。

そこで、留学時代の思い出や、サラリーマン時代に言いたくても言えなかったことを表現しようと、昨年の秋から描き始めたのが以下の語学エッセイ漫画です。

これまでの記事をまとめてみましたので良かったら読んでやってくださいませ(^^)。

 

yukarimishima-illustrator.hatenablog.com

yukarimishima-illustrator.hatenablog.com

yukarimishima-illustrator.hatenablog.com

yukarimishima-illustrator.hatenablog.com

yukarimishima-illustrator.hatenablog.com

yukarimishima-illustrator.hatenablog.com

yukarimishima-illustrator.hatenablog.com

語学をネタにするといっても、別に文法や用法を解説するつもりはなく(というかできない)、学習者に「うんうん、分かる分かる」と共感してもらえるような「語学学習あるある」を漫画で表現したいなぁと思っております。

漫画は作画よりも情報をまとめるのが大変なので、仕事が忙しくなってくると更新頻度は落ちるかもしれません……(^^;)。企画が通る通らないにかかわらず、ブログでは細く長く続けていきたいと思います。

2018年の抱負 (1)

新しい年が明けましたね!

昨年は本当に沢山の方にお世話になりました。

本年も引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。

ひとまわり大きく成長できる1年にしたいと思います。

 

前回までは2017年の総括だったので、今回は2018年の目標を設定しようと思います。

(はてなブログ今週のお題「2018年の抱負」に便乗)

f:id:YukariMishima:20180101214900j:plain

 

2018年の抱負   自分の本の企画書を作り、出版社へ持ち込む

フリーランスのクリエイターであれば、「自分の本を出したい」と考えている人は少なくないはずだと思いますが、私もその点は同様です。やはり収入の不安定な職業なので、クライアントからの依頼を待つだけではなく、自分で何かを企画して収入につなげたい。早い話が、印税収入が欲しい、ということです。

正月早々カネの話になってしまった(^^;)。でも今年の抱負を語る上では必要な話……。

フリーランス業を始めて2年と3カ月が経過しましたが、骨身に染みたのは、この仕事がいかに不安定かということでした。「今月結構儲かった!」と喜ぶ月もあれば、ガチで入金ゼロの月もあります。途切れずに仕事をしている期間ですらそんな感じなのは、開始から終了まで数カ月かかるようなプロジェクトがあったり、納品から入金までに数か月かかるクライアントがいたりするからです。さらにはギャラの未払いとか……。そして、ある日突然仕事が来なくなることもゼロではありません。

なので、仮に入金が1年なくても当面は生活に困らないだけの預貯金を持ち、本業に影響を及ぼさない程度のアルバイトはしていますが、クリエイターである以上、もっと創作活動に集中したい、というのは本音としてあります。

なので自分の本を出す、というのは

  • 創作活動を形にできる
  • (ヒットすれば)印税収入につながる
  • 新規顧客獲得にプラスに働く

という意味で、非常に理想的、魅力的なのです。

 

では、私が本を出すならどのような企画を立てるべきなのか?と昨年ずっと考えておりました。

私の場合、イラストの作風自体は割とオーソドックスで、「今まで見たことない!」というような斬新さはないので、プラスアルファの価値を加えなければ企画として成立しません。他の同業者と重複しない、私の独自性が出せるものは何だろう、と考え続け、今のところ以下の2つを候補として考えています。

 

(1) 3Dアートを作れる大人の塗り絵ブック

私が作った3Dアート作品を人に見せると、たまに「どうやって作るの?」「自分も作ってみたい」と言われることがあるため、誰でも3Dアートにチャレンジできる塗り絵にしてみたらどうだろう?と思いついた企画です。

実はこれ、2016年に東京で個展をやった時にすでに考えていて、個展会場で試作品を無料配布して意見や感想を求めました。

f:id:YukariMishima:20180102104025j:plain

が、この時は試作品を作るのに精いっぱいで、解説やお手本も添えずに雑な配り方をしてしまったので、「塗り方がわからなかった」という感想が多く寄せられました。

また、3Dアートの性質上、ある程度リアルでなければだまし絵が成立しないので、はみ出さず丁寧に塗る必要があります。が、小さな子供は「はみ出さずに塗る」こと自体が案外難しいということを、友人の子供の塗り絵を見て初めて理解し、ターゲットを小学校の高学年~大人に絞ろう、と思いました。

 

で、東京の個展が終わった後で以下のような解説を作りました。文字が多すぎるのでもう少しシンプルにまとめよう、と思いながらできてないのですが……。f:id:YukariMishima:20180102104134j:plain

f:id:YukariMishima:20180102104159j:plain

2017年広島で個展を開催した際には、この解説を添え、「大人向けです」としっかり伝えて配布しました。すると、何人かの友人が実際に塗って写真を送ってくれたのですが、前年に解説なしで配布した時よりも格段にクオリティが高く、立体的に「飛び出して」見えるものばかりでした。

ターゲットを明確にし、解説とお手本を丁寧に作ればこの塗り絵は成立する、とこの時分かったので、出版社に持ち込むための企画書をきちんとまとめようと思った次第です。

 

※3Dトリックアートがどんなものかご存じない方は以下の記事をご覧くださいませ。

yukarimishima-illustrator.hatenablog.com

 

ちなみに……

持ち込む前の企画のアイデアをブログに書くことの是非については、私も「どうかな?」と思ったりします。が、今までの経験上、出版社に面会のアポを取ることは簡単ではないですし、企画が採用される確率なんてさらに低いと思うのです。

先にネットにアップして多少なりとも話題になれば、持ち込みしやすくなるのではないか……。というムシの良いことを考えているわけです。

(2つ目の企画は次の記事に書きます)

2017年の総括 (4)

2017年の総括の4回目。

今年の秋に広島で開催した企画展について書きました。


今年の変化や出来事(4) 地元・広島で「イラストお国自慢展」を開催

8月30日~9月5日、みしまが発起人となり、広島市内のギャラリーブラックで「イラストお国自慢展」というグループ展を開催いたしました。

全国各地のプロのイラストレーター27名が、自分の生まれ育った土地の魅力を絵で表現する、という企画で、皆それぞれ風景、人物、漫画イラストマップなど、自分の得意なモチーフを自分の得意な手法で表現しました。

この企画展の主な狙いは2つありました。一つは、広島の一般市民に楽しんでもらい、各作家を認知してもらうこと。もう一つは、広島近郊の告代理店やデザイン事務所を招待し、 名刺やパンフレットを持ち帰っていたくことで、効率的な営業活動を行うことです。


f:id:YukariMishima:20171229105116j:plain f:id:YukariMishima:20171229105457j:plain

(※イラストお国自慢展のパンフレット。参加者の一人である白鳥みちこさんによるデザイン。タッチの異なる27人のイラストを入れても統一感が保たれるようにしたい、という私のリクエストに見事に応えてくださいました。白鳥さんありがとう~~!)

 

自分で企画しといて言うのも何ですが、これがもう本当に、すっごく楽しい展示になったんですよ。

皆プロなので、作品のクオリティについては最初から心配していなかったのですが、実際に届いた作品は、私の想像をはるかに超えて素晴らしいものばかりで。皆さん思い思いに、故郷に対する熱い思いを表現してくださいました。

作品数が約160点と膨大なため、すべてをこのブログで紹介することはできないのですが、TwitterInstagramで「イラストお国自慢展」「お国自慢展」をキーワードに検索すると、各出展者や来場者が投稿した作品画像を閲覧できますので、ぜひチェックしてみてくださいませ(↓)。もし「好きだな」と思ったらこの機会にフォローしていただけたら嬉しいです(^^)!

#イラストお国自慢展 • Instagram photos and videos

#お国自慢展 • Instagram photos and videos

イラストお国自慢展 - Twitter Search

お国自慢展 - Twitter Search

 

また、展示作品だけではなく、作家の名刺やパンフレット、ポートフォリオなども中央のテーブルに配置したのですが、これがまたすご~く見ごたえありまして。皆工夫を凝らして自分の広報物を作っているので、同業者として参考になることがたくさんありました。

f:id:YukariMishima:20171229140159j:plain f:id:YukariMishima:20171229140214j:plain

お客様からも「各地のご当地情報が盛りだくさんで、色んな所を旅して廻った気分になる」「作家の作風がバラバラで、それが逆に面白い。みんな違ってみんな良いね」と声をかけていただくことが多く嬉しかったです。

今回の展示では、絵と文章を組み合わせて、イラストエッセイや漫画風に仕上げた作品も多かったのですが、お客さんの中にはそれを隅から隅まで読んで、2時間近くかけてじっくり全作品を見て行かれる方もいらっしゃいました。美術館とかでも展示物よりも解説を一生懸命読んでる人って少なくないですし、背景を知りたいという知的好奇心が満たされるのも、今回好評だった要因の一つのような気がします。「情報を分かりやすく直観的に伝える」のはイラストレーターの最も得意とするところですしね(*^^*)!

 

ちなみにみしまは、広島県北でさかんな神楽を題材にした8Pの漫画を描きました。

前回の記事でも書きましたが、今年は「動きのある絵」を描くのにハマっていましたし、描くなら人物をメインモチーフにしたい、と思っていたので、広島のお国自慢でその条件に該当するのは神楽だな!と思い至りまして。

私は元々神楽についてあまり詳しく知らなかったのですが、この漫画を描くために何度か公演会に足を運び、神楽団の稽古を取材させてもらったりして、神楽の「基本のき」を学びました。描こうと思えばいくらでも長い漫画が描けそうなテーマなのですが、なんせ一人分の展示スペースに納めないといけないので、今回は最低限の基本情報をまとめて8Pにした、という感じです。広島県内各地には様々な種類の神楽があるのですが、特に熱狂的ファンが多い「芸北神楽」を、この漫画の中では便宜上「広島神楽」と呼んでおります。

f:id:YukariMishima:20171229105524j:plain

f:id:YukariMishima:20171229105606j:plain

f:id:YukariMishima:20171229105623j:plain

f:id:YukariMishima:20171229105630j:plain

f:id:YukariMishima:20171229105648j:plain

f:id:YukariMishima:20171229105655j:plain

f:id:YukariMishima:20171229105724j:plain

f:id:YukariMishima:20171229105738j:plain

実は、自分が描いた漫画を人に披露するのはこれがほぼ初めてでした。

昔はストーリー漫画家になりたいと思っていたのですが、どうしても「照れ」を捨てきれず、描いたモノを人に見せることがずっとできませんでした。そのため、誰にも見せられない漫画を1人でコソコソ描いては、机の引き出しに封印していたのですが、こういうノンフィクションの取材記やエッセイ漫画であれば、あまり照れを感じないことに気づきまして。今年の秋以降、割と積極的にエッセイ漫画を描くようになりました。

そういう意味でも、「イラストお国自慢展」は自分にとって大きな転機になった展示会だったと思います。

 

たった1回きりで終わらせるのはもったいないので、できれば他の地域でも同様の展示をしてみたいのですが、かなり大変なので現時点では次の予定が立てられていません。でも来年には、「次」に向けた準備を開始できたらいいなぁと思っています。

 

 

f:id:YukariMishima:20171229110152j:plain

※余談

同ギャラリーの1階ではみしまの個展も開催しておりました。前年に東京でも開催した、トリックアートを主軸にした展示でした。が、自分の中では完全に「イラストお国自慢展」のおまけのような位置づけになってしまいました(^^;)。もちろん個展の作品作りにも真剣に取り組んだのですが、お国自慢展が自分が思っていた以上に良い展示になったので、完全に意識がそっちに傾いてしまったというか……。

2017年の総括 (3)

引き続き2017年の総括。しつこくてスミマセン、多分あと2~3回続きます。

1年あっという間に過ぎたような気がしてたけど、こうして思い返してみると結構色々あったなぁと思います。

 

今年の変化(3) 「動きのある絵」をテーマに色々描いた

今年はダンスやスポーツなど、動きのある絵を沢山描こう、と自分で1年のテーマを決め、それに沿って作品づくりをしてきました。

なぜそういうテーマにしたかというと、実は昨年流行った「逃げ恥」がきっかけだったりします。あのドラマを毎週楽しみに見ていたのですが、エンディングの恋ダンスを見ていると、運動が嫌いな私には珍しく「楽しそう、踊ってみたい」という気持ちになり、ひとり暮らしのアパートでYoutube動画を見ながら時々踊ったりしてたのです(とても人には見せられない姿)。

で、その流れで星野源さんの他の曲のPVを見ることも増えたのですが、見てると踊りたくなるような動画ばかりでして。(特に「夢の外へ」に出てくる踊るおじさんがカッコよすぎて興奮しました)

でも普段から運動していない私がそんな簡単にカッコよく踊れるはずもないので、その「踊りたいけどうまく踊れない」フラストレーションを絵の中に吐き出そうとしたのが最初だった気がします。

で、描いてみると楽しかったので、これを1年続けてみようかな、と。自分でできないことを絵に描いて、それを疑似体験できたような気になれたのかもしれません。

f:id:YukariMishima:20171226223923j:plainf:id:YukariMishima:20171226223937j:plain f:id:YukariMishima:20171226225230j:plainf:id:YukariMishima:20171226230115j:plain f:id:YukariMishima:20171226230144j:plainf:id:YukariMishima:20171226233157j:plain

調子にのってこんな動画(↓)も作りました!
1秒2コマの粗いアニメ(20秒)ではありますが、自分では結構気に入ってます(^^)。

自然な流れで動物に変身させるためにはどんな服を着せれば良いか、という点に苦心しました。

  

 この動画、頑張ったかいもあり、結構評判良かったです。

私が普段描いている漫画っぽいタッチは、「動き」を表現するのに向いているかもしれない と思い始めてからは、その漫画っぽさを前向きにとらえて、自分の強みとしてアピールできるようになりました。

それまでは、「漫画っぽい」ことがどこかコンプレックスだったので、この心境の変化は大きかったと思います。漫画が好きでそういう絵を描いているはずなのに、一方でコンプレックスに感じていた、というのは矛盾なのですが、大きなイラストコンペに入賞できるような強烈な個性はないので……(※)。コンペに入選してバンバン装画を描いてる同業者へのジェラシーもあって、自分の絵に対する自信が揺らぐこともしょっちゅうあった訳です。

(※漫画絵がみんなそうだという意味ではなく、あくまで私の場合です。漫画っぽいタッチで入選してる人も沢山いますので。)

 

f:id:YukariMishima:20171225225650j:plainf:id:YukariMishima:20171226232939j:plainf:id:YukariMishima:20171226233037j:plainf:id:YukariMishima:20171226233058j:plainf:id:YukariMishima:20171226233117j:plainf:id:YukariMishima:20171226233134j:plainf:id:YukariMishima:20171226233450j:plainf:id:YukariMishima:20171226233506j:plain f:id:YukariMishima:20171226233707j:plain

そんな訳で、今年1年「動きのある絵」をテーマに描き続けたことで、結果的に長年抱いていたモヤモヤが少し解消できたのでした。

自分の強みを生かせる土俵を見つけるのが、私のような職業では一番大事なのかもしれないと思いました。

 

来年のテーマはまだ考え中です。何がいいかな……。

2017年の総括 (2)

前回の記事に引き続き、2017年の総括をしていきます。

 

 今年の変化(2) 3Dトリックアートが仕事の一部になり始めた

話は少し遡ります。私は2016年から3Dトリックアートの制作を始めましたが、そのきっかけは、東京で知り合ったイラストレーターのたなかきなこさんから、「あそび展」というイラストレーターの企画展に誘われたことでした。

f:id:YukariMishima:20171224145826j:plain
(※あそび展のDM。めちゃくちゃ楽しい展示でした。他の作家さんからも大いに刺激を受け、自分の目標や方向性を定めるきっかけの一つになりました。)

この企画展には、「見る人が遊べる体験型の展示」という共通のお題があり、出展作家たちは、迷路や間違い探し、玩具など、自分に合った手法で作品を作ることになっていました。私の場合は、割とリアルなタッチのイラストが得意だったので、それを生かせる体験型の展示物、ということで3Dアートを作ることにしました。

 3Dアートとは、特定の角度から見ると平面に描いた絵が立体的に飛び出して見えるだまし絵の一種で、手法自体はそれほど目新しいものではありません。私もその原理をネットで調べ、見よう見まねで描くところから始めました。

f:id:YukariMishima:20171224150706j:plain   f:id:YukariMishima:20171120220957j:plain

f:id:YukariMishima:20171224150819j:plain   f:id:YukariMishima:20171120221153j:plain

で、これらの作品をSNSやイベント会場などで披露すると、今までになく反応が良かったので段々楽しくなり、あそび展終了後も制作を続けて今に至ります。

「いいね」やコメントの数がモチベーションに直結する、The 承認欲求ですね(^^;)。

あそび展に誘われなかったら3Dアートを描くこともなかったと思うと、人生は何が転機になるか分からないものだとしみじみ思います。

 

この3Dアート、2016年は残念ながら仕事にはつながらず、「趣味で描いたオリジナル作品」にすぎなかったのですが、2017年に入り、少しずつ問い合わせや依頼が来るようになりました。

だまし絵を成立させるためには、印刷やデザイン面で少なからず制約があるので、全てが受注につながった訳ではありませんが、中にはうまくハマる企画もあり、手応えを感じることができました。

f:id:YukariMishima:20171224151306j:plain f:id:YukariMishima:20171224152257j:plain

(※熊本県宇土市のイタリアンレストラン、Cafe & Osteria Fiore様のご依頼で制作したテーブルマット2種。テーブルに座って斜めに見下ろした時に立体的に飛び出て見える3Dアートで、料理の待ち時間などに撮影して遊べます。インスタ映え(^^)♪。)

 

f:id:YukariMishima:20171224152827j:plain

(※広島市安芸区阿戸町里山あーと村で開催された「森のジャズライブ2017」のチケット。全体のデザインは、地域デザイン研究所によるものです。私が納品したイラストは、背景のない真っ白な紙に描いただけだったのですが、デザイナーの方が緑の葉っぱを組み合わせてくださったおかげで見違えるような仕上がりに。デザイナーってすごい……)

 

これらの作品は、最近では営業ツールとしても活躍しています。私が普段描いている普通のイラストはあまり個性が強くないので、トリックなしだとお客さんに覚えてもらいにくいようで……😅💧トリックアートも描けるよ~~ というアピールをすると、とりあえず相手の記憶に残りやすくはなるので、そういう意味で重宝しております。

 

「なぜ立体的に見えるのか?」「どうやって作るのか?」という質問もちょいちょいいただくのですが、実はそれほど難しい原理ではありません。

メイキングをまとめた漫画も描いておりますので、興味のある方はどうぞご参照ください (^^)

f:id:YukariMishima:20171224154155j:plain